王子整体院Top» ブログ

ブログ

ぎっくり腰・寝違え

 ぎっくり腰、寝違え直後は、痛い患部を氷嚢、アイスノン(冷たすぎる場合はタオルなど使って)などで 10分~15分ほど、アイシングして下さい。痛みが引かない場合は30分おいて再度アイシングして下さい。 何度か繰り返すと痛みもやわらぐと、思います。3・4日して痛みが少なくなってきたら、無理せず 少しずつ腰・首を動かしましょう。

年末年始のおしらせ

 年末年始の営業ですが、年末は12月30日のPM12時まで、年始は1月4日より 通常営業いたします。12/31 ~1/3の間、お休みさせていただきます。よろしくお願いします。

お知らせ

10月12日は台風接近のため、お休みさせていただきます。 ご了承下さい。

お知らせ 2

8月16日(金)・17日(土)とお休みさせていただきます。よろしくお願いします。

お知らせ 1

8月より定休日が月曜から木曜に変更しました。よろしくお願いします。

骨の成分

 骨の20%~24%は水分で、残りは固形成分です。固形成分の1/3は有機成分(タンパク質) 2/3は無機成分(カルシウム)で、柔軟性と硬さをあわせもちます。 幼少期は弾力性があり、老年期には弾力性がなくなり骨折しやすくなります。 タンパク質とカルシウムに気を配り、バランスの良い食事を心がけましょう。

平背③

太ももの後ろ側の筋肉(ハムストリングス)が硬くなることも平背の原因になります。 ハムストリングスの萎縮により骨盤が引っ張られ、 骨盤が後傾してしまうためです。 仕事で一日中座りっぱなしだったり、運動不足が続いている方は 脚の筋肉が萎縮して硬くなりがちです。 前屈が苦手な方はハムストリングスが硬くなったり、 骨盤が後傾しているかもしれません。    

平背②

平背になってしまう原因は色々ありますが 一番多いと言われているのは骨盤の後傾です。 骨盤が後ろに倒れることで背骨にも影響があります。     普段から下のイラストの様な座り方をしている方は特に注意が必要です。 骨盤が後傾した姿勢を日常的に続けていると、少しずつ骨盤の後傾が進み、 背骨の湾曲も真っすぐになっていってしまうのです。

認知症について

 日本では医療技術の進歩などにより、平均寿命がのびています。 その結果、認知症の高齢者も増加傾向にあります。 近親者に認知症の疑いがあったり、すでに認知症状でお悩みでしたら 地域包括支援センターに相談しましょう。ケアマネージャー、保健師、などが 相談にのってくれます。 核家族化が進み、老々介護も珍しくない現代社会では一人で悩まず セーフティーネットを活用しましょう。 認知症介護は他人事ではなく、誰...続きを読む

平背①

猫背とは逆の、平背(へいはい)という体の歪みがあります。   背骨は横から見ると緩やかなS字カーブを描いていますが、 平背というのはそのS字カーブが失われ、 背骨が真っすぐになった状態のことを言います。     背骨が真っすぐというと姿勢が良さそうに聞こえますが 体への負担はとても大きくなります。 背骨のカーブは体の重さや歩行時の衝撃を分散していますが その力が弱まってしまうためです。 ヘルニア...続きを読む

03-5567-2944

東京都北区滝野川1-57-7

営業時間: 9:00~12:00 14:00~21:00(平日)
最終受付20:00
9:00~19:00(土・日・祝)最終受付18:00
定休日:木曜日

TOPへ